貿易事務の仕事

貿易事務の仕事

貿易事務の仕事は、業界や業種によってだけではなく、担当部署によっても仕事内容が異なるのをご存知でしょうか? さらに言えば仕事内容が異なれば求められるスキルも異なってきます。
たとえば大規模な会社では、「営業アシスタント業務」と「船積み書類作成業務」というように、大きく2つの業務に分かれます。

中小規模の会社では、どちらの業務も仕事に含まれることが一般的です。
営業アシスタント業務は、貿易についての事務手続きをするというよりは、契約に基づいて国内外のクライアントと価格や数量、納期や所属などの調整業務を担当します。クライアントとのコミュニケーションが多いお仕事になりますので、英語力は必須。

緊急の場合は国際電話でやり取りをしますが、メインはEメールです。クライアントから送られる様々なリクエストや問い合わせを正確かつ迅速に読み取り調整する力が求められます。

もちろん貿易知識も習得しておいたほうが、仕事はスムーズに進みます。

 

貿易事務は専門職

貿易事務は専門職です。輸出入取引に必要な専門知識や語学力を武器に経験を積むことにより、「プロの貿易事務者」、「プロの貿易実務者」と認められるのです。

また、年齢に関わらず長く勤めることができるともいわれます。一度、退職した方が再度復職する可能性も貿易事務には多くあるといわれています。貿易事務のお仕事は女性が多いと思いますが、女性にとって、貿易事務は大変魅力のある仕事ではなでしょうか。
貿易事務の仕事に特別な資格は必要ありませんが、未経験から貿易事務の仕事に就くのは中々難しいものです。ですから例えば、貨物の基本的な流れを理解するため、国内での受発注業務を経験するのも一つの方法です。また、輸出入部門での営業補助を経験するのも良いかもしれません。

まずはサブで担当し、貿易事務の流れを確認します。専任で担当している方について一緒に業務を経験すれば、貿易に関するスキルや知識を身につけることが可能です。