世界で活躍する企業 ANA

国内線も国際線もANA

国内線のANAが国際線でも実力を発揮

ANAとは全日空のこと。JALと呼ばれる日本航空と並んで、日本を代表する航空会社の1つです。飛行機には乗ったことがないという人でも、ANAの名前は当然知っていることでしょう。

ANAは全日空と呼ばれますが、正式な会社名は全日本空輸株式会社と言います。ANAは国内線においては最大の路線網を持っており、羽田空港においてはANAが発着枠のシェアの約6割を占めています。

なお、航空会社はアライアンスと呼ばれる航空連合に属しており、同じアライアンスの航空会社間ではコードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなどが行われています。

ANAは世界最大のアライアンスであるスターアライアンスのメンバーとなっています。

スターアライアンスに加盟していることにより、ANAだけではカバーできない世界中の空路もカバーできるようになっていますから、ANAの利便性は高いものとなっています。

 

ANAマイルも人気

かつては、ANAは国内線に強く、JALは国際線に強いというイメージがありました。しかし、現在はそのイメージは覆されています。2014年5月には、ANAの国際線の旅客輸送実績は、初めてJALを上回りました。

実際に運賃を払って航空機を利用した旅客の輸送量を示す指標である有償旅客キロでは、ANAがわずかながらJALを上回ったのです。国内線で優位に立っていたANAが、国際線でも首位に躍り出たということもできるでしょう。

なお、航空機の利用者は、よく利用する航空会社のマイルを貯めて特典を受けることを考えることが多いと思います。JALカードでは毎年初回搭乗時にボーナスマイルが得られるのに対し、ANAカードではカードを持っているだけで継続でのボーナスマイルがもらえますから、こうした特典のためにANAカードを選ぶ人も多くなっています。

このように、ANAは航空機によく乗る人だけでなく、多くの人にとって親しみを感じる航空会社となっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です