EY Japanとは?

重要性を増す、EY Japanのネットワーク

EY Japanのネットワークは必要不可欠

何といっても、イギリスに拠点を置くアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(通称EY)が母体となる、EY Japanのネットワークの凄さには驚くことでしょう。

EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーサービス分野の展開を、4つのエリア(EMEIA・AMERICAS・APAC・JAPAN)で行っているため、まさに情報はグローバル。EY グループの一員であるEY Japanだからこそ、全世界からあらゆる情報を取り寄せることが可能です。

EY Japanとつながるネットワークは、どの分野においてもプロのスタッフを揃え、いかなる問題や課題にも対応していける規模を誇っています。

世界150以上の国と地域に約25万人のスタッフが在籍していますから、全世界に支店があるような感覚です。EY Japanは、全世界からの情報を得ながら日本のクライアント企業への提案を行うと共に、日本独自の市場にも配慮しながら進める寛容さを兼ね備えていることで、一度依頼を受けたクライアント企業からは、信頼以上の評価を受けています。

世界を知り尽くしたEY Japanのネットワークが、日本のクライアント企業にもたらす効果は、計り知れないといえるでしょう。これからのグローバル市場に、EY Japanのネットワークは必要不可欠なのです。

EY Japanの本質

EY Japan は、日本を担当しているEYグループです。EY というのは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドの通称で、世界を4エリアに分け、事業を展開する、EY Japanの母体です。4エリアの結集力は、オールEY と呼ばれ、これまで各業界のトップ企業を動かし、協働して革新を生み出してきました。クライアント企業の成長は、オールEY の財産となり、EY Japanの財産ともなっていますが、EY Japanの本質は、企業全体としてより良い社会の貢献へつながるところにあります。